双葉接骨院

Contents
  




























































無料 アクセス解析太陽光発電
トリガーポイント療法(痛みをすばやく解決する)

      トリガーポイント療法は圧痛点を刺激して痛みを改善する
           □ 骨には異常がないからと言われてもその痛みは取れましたか?
           □ レントゲンで骨を診ても筋肉を診てもらったことがありますか?
           □ 変形した骨や老化した関節は痛むと思っていませんか?
           □ ヘルニアで神経が圧迫しているからとしびれが生じるといわれてませんか?
                               
          「筋痛症」(myalgia)を見ぬけれれば痛みを解決できるはずです!
          「筋痛症」は筋肉の最もコリコリとした押えて痛むところの圧痛点です。

トリガーポイントブロック療法はペインクリニック(麻酔)の世界では圧痛点に次々に薬を注入していきます。
当院ではトリガーポイント療法を鍼や電気注射鍼を使用して電気的な刺激によって痛みを解決する方法を行っています。
これはとても安全です。薬を使用するかしないかだけの違いなので、圧痛をブロックするという技術的な技法はよく似ていますし、よく効きます。 当院での症例

圧痛点ブロック(筋痛症を改善する)

痛みは構造異常が原因なのでしょうか?構造診断だけにたよると落とし穴があります。なんとなく始まった痛み、ちょっとしたことで始まった痛みが続くことがあります。それは痛みの情報が脳や脊髄で記憶されるからなのです。また、痛みの場所が移動することも多いものです。簡単な治療で痛みが消えてしまうこともあるのです。
トリガーポイント療法で使用する電気注射鍼は最も細い鍼を使用しますので痛みはほとんどありません。数箇所の圧痛点に1〜3ミリの局所注射鍼を行います。

効果はすぐに現れることが多いようです。局所電気注射鍼は数秒ほどで体から跡形なく消えてしまいますので、最も副作用の少ない治療法の一つです。

その奏効機序は、交感神経の緊張を取り、痛みの悪循環の遮断(局所血流改善、筋緊張の緩和、内因性発痛物質の洗い流し)にあります。
                        (加茂整形外科のHPを参考にしてね
                              「戻る」ボタンで戻ります。

このように末梢において、痛みの原因になっている生理機能の異常を改善することが治療の原則となります。「リセットする」と言った、たとえがよいでしょう。

局所鍼ブロックがきれたらまた痛みだすわけではありませんが、一回から数回の施術で効果が出ることが多いようです。

治療と検査を兼ねていますが、習慣性はありません。再発をくりかえす場合は、交感神経を再びあるいは慢性的に緊張させている原因はどこにあるかを探します。そして末梢からの中枢へのアプローチ治療を試みます。


以下は麻酔科で行われているトリガーポイントブロック療法の参考です。当院では薬をうったりはしませんが、圧痛を選ぶ場所はほぼ同じです。